スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月から中国語の勉強を始めるあなたへ(2) f(a)=b その3

100324 お父さん  しゃべるだけなら携帯ストラップでもしゃべります。しかし皆さんが「中国語がしゃべれるようになりたい」 と言うときの「しゃべる」 というのは、少し違いますね。どこが、違うのでしょう?

ここでは狭義の(コミュニケーションに用いる)言語ということに絞ってお話を続けましょう。前回の話で、上海の英語角で中国人の若者がアメリカ人の女性英語教師に話しかけたコトバ、これを私たちは「言語」とは言いません。「言語である」ための必要条件として、「固有の話し手がいるのは当然のこと、話し手の言葉を受け取る固有の聞き手がいる。」ことが必要であると思うのです。

  すなわち、中国人の青年が、質問した、"How old are you?" "Are you married?" というコトバは、相手の立場を想定して発話された言語ではなく、特定の人間に話しかけられてはいるとはいうものの、実際には相手は誰でもよく、単にテキストの例文を独り言のように発声した、というに過ぎません。これでは本当の「言語」とはいえません、つまり青年は英語を“しゃべって”はいません。
  
  では、「固有の話し手」と「固有の聞き手」の間のコミュニケーションを成り立たせる「言語」が成立する前提とは何でしょう?それは話者と聞き手の関係におけるなんらかの「固有の前提」があって、その「前提」を元に「伝えるべきなにか」がある。この二つが必須です。つまり(コミュニケーションに用いる)言語の構造は、(a)話し手と聞き手の固有の前提(旧情報)+(b)伝えるべき何か(聞き手にとっての新情報)、この二つを含むものです。そしてこの(a)+(b)という構造が、中国語に限らず、全ての言語の「基本骨格」となります。さらに、(a)、(b)がこの順序で並ぶというのが、言語が言語たる大原則です。
 
  日本語で例えば、「あれ、うまくいったよ。」と言ったとします。この時、話し手と聞き手の間には「あれ」という共通認識事項があり、その認識のもとに「うまくいった」というのは「何がどうなった」のかは、お互いの間では理解しうる事項となります。もちろん、前述の中国人青年の英語にしても、ある状況では「警察の職務質問」となり、ある状況では、見知らぬ女性にモーションをかけようとするプレイボーイの言葉であるかもしれません。これらの状況下で発せられたときは、立派な「言語」となりますが、聞き手や状況を無視した言葉はやはり言語とはいえないのです。
100324 お父さん2

  少し難しくなってしまいました。しかし言葉の基本構造が前述の(a)+(b)であること、このことが、中国語という言葉を勉強し始める皆さんにどうしても知っておいてほしい二つ目のことです。まだ、なんのことやらピンと来ないかもしれません。なぜこのことが大切なのか?その理由について日を替えてあと3回ぐらいご説明することになります。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
小葵花中国語
スポンサーサイト

テーマ : 中国語学習
ジャンル : 学校・教育

Comment

Secre

プロフィール

team aoi

Author:team aoi
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
↑clickおねがいしまーす。
O(∩_∩)O~

大家好!我十分喜欢中文老师的工作,喜欢我的学生,喜欢向世界介绍美丽的中国!我相信,我的耐心和亲切可以帮助您说一口漂亮的中文!
ご質問、お問い合わせはお気軽に!→
aoi.zhongwen@gmail.com

小葵花おすすめ本

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。