スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中双方向による熟語学習 -中国語中級脱却へのヒント-

中日双方向による攻略法―資格獲得の近道 中国語熟語760個中日双方向による攻略法―資格獲得の近道 中国語熟語760個という長たらしい題名の成語・慣用語の参考書があります。内容的に優れていて、中国語の成語・慣用語の勉強を始める人には最適の本だと思っています。

 ただ内容的に何が「中日双方向」なのかよくわからないところがあります。変ですね。私個人的には“中日”でも“日中”でもどちらでも良いのですが“双方向”というのは成語・熟語を勉強する際のキーワードだと思っています。

 日本語の四字熟語や慣用語もたいていはもともと中国からやってきたものですが、何といっても中国語は中国5000年の歴史の中で生まれ蓄積されてきたものですから、日本語に導入されたものは、その一部にしか過ぎません。中国人が常用する成語の多さを知ると、日本人としては目も眩まんばかりで、なんとか一つでも多く覚えようと頑張ります、そしてたまに日本語と同型の表現に出会うとちょっと得をしたような気分になるわけです。

中国語の成語・慣用語の多さに圧倒されてしまい、日本語の慣用句にまで手が回らないという人が多いのではないでしょうか?下図の緑の部分です。でもこういう日本語独特の表現を外国語でどう表現するかというのも外国語学習で非常に大切な部分ですね。

100410 双方向1

日本語独特の表現と言うのは、外国語にすると「なんだそれでいいのか!」というものでもいざと言う時出てこないということが往々にして起こります。「抜けるような青い空」ってどんな「成語」があったっけ、などという方向に思考が向いてしまうと口から何も出てこなくなります。そういうところは通訳や翻訳家を目指す人に任せておればよいと言う人もおりますが、実際は中国語は学習人口が少ないため、中級レベルになってしまうと職場では中国語のできる人、の扱いを受け、通訳、翻訳の機会は増えてきますし、中国語検定試験の準1級の資格要件にも「簡単な通訳ができること」というのがあります。
日本人として中国語を勉強するのですから、やはり日本語⇔中国語の置き換えは避けて通れません。慣用語に関してはつい中国語→日本語に傾きがちな勉強に日本語→中国語の練習を取り入れてみるのも中級脱出のための一つの良い方策かもしれません。以下に少しだけ例を挙げておきます。

100410 双方向2

今後折りに触れこういった日本語独特の表現をご紹介していこうかと思います。乞うご期待。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
小葵花中国語
スポンサーサイト

テーマ : 中国語学習
ジャンル : 学校・教育

Comment

新シリーズ期待しています。

「日本語独特表現シリーズ」期待してます。
ところで、「抜けるような青空」は色々翻訳例がありますが、私はいつも「晴空万里」や「天朗氣清」を使っています。
「人当たりがいい」「對人態度好」はあまりに直訳すぎて「生硬」な感じがします。私は「和蔼可親」とか「平易近人」を使います。それに「人缘儿好」もありますね。
それに、「頭ごなしに」にも、翻訳例が多数あるようです。一つの訳に固執することなく、色々と調べてみるのも、言いことだと思います。
Secre

プロフィール

team aoi

Author:team aoi
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
↑clickおねがいしまーす。
O(∩_∩)O~

大家好!我十分喜欢中文老师的工作,喜欢我的学生,喜欢向世界介绍美丽的中国!我相信,我的耐心和亲切可以帮助您说一口漂亮的中文!
ご質問、お問い合わせはお気軽に!→
aoi.zhongwen@gmail.com

小葵花おすすめ本

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。