スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不と没の使い分け

先月、文法参考書をたくさん買い込んで、比較検討を始めようと思っていたのですが、

なかなか進みません。

まさにツンドク状態。

今日は学習者の難関の一つである、「不と没」の違いについてどんな風に説明してるのか、ぱらぱらと各書を
見ていたのですが、どうも「これがわかりやすい」というのがないです。

文法というのは、あと付けの理屈であって、きちっと例外なく説明できることの方が、おかしいぐらい
なのですから、学習者に示す説明は「イメージで大雑把な概念を伝える」ことが大切だと思うのですが、
どうしても偉い先生の本というのは、正確さを求めすぎて難解になりがちです。

あきらめようと思った時に、ふと以前読んだ新書版の小冊子中国語はじめの一歩 (ちくま新書)(木村英樹著)
を見ると、ありました、いちばんいいのが

《不と没の使い分け》
1.まず当該の事項が「出来事」であるかないか?
    (出来事というのは、時間軸に沿って展開する「変化」のこと)
  ①変化を伴わない場合(出来事でない場合)はすべて「不」
2.変化(出来事)である場合、それが問題の時を含めそれ以前の変化の否定か、それ以後の変化の否定か?
  ②それ以前の否定は「没」
  ③それ以後の否定は「不」
 
例と共に言いますと、我不是老师。といっても何も「変化」するわけではないので「不」。
去年没去中国。なら今より以前の「行く」という変化の否定なので「没」=行かなかった。
明天不下雨。なら今より後の「雨が降る」という出来事の否定なので「不」=降らない(だろう)。

下のようにイメージ図をつくってみました。

不と没1

もっといいのがあったら教えてくださいね。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
葵中国語☆教務
スポンサーサイト

テーマ : 中国語学習
ジャンル : 学校・教育

Comment

Secre

プロフィール

team aoi

Author:team aoi
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
↑clickおねがいしまーす。
O(∩_∩)O~

大家好!我十分喜欢中文老师的工作,喜欢我的学生,喜欢向世界介绍美丽的中国!我相信,我的耐心和亲切可以帮助您说一口漂亮的中文!
ご質問、お問い合わせはお気軽に!→
aoi.zhongwen@gmail.com

小葵花おすすめ本

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。