スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとなの中国語2

前回の続きになります。
インプット仮説というのは、外国語の「習得」は他から与えられたメッセージを理解する過程を積み重ねることによって主に起こり、意図的な「学習」やアウトプットは、その確認作業で、インプットの補助的なものである。
ということだと理解しています。

ようするに「たくさん聞きましょう」ということなのですが、実は、
大人の中国語3
というところで終わりました。

たとえば20才の人と、40才の同等の中国語レベルの学生が、教室で中国人の先生とインプット中心の授業を進めたとしましょう。

先生は理論通り、学生が「メッセージを理解」しているのを確認しつつコミュニカティブ(対話を進めながら)に
授業を進めます。

実は「落とし穴」というのはこの「メッセージを理解」することを唯一のチェックポイントとするということです。

先生の提示するメッセージの中に
当然知らない単語や知らない表現方法があるでしょう。
しかし「理解」することのみを目標にコミュニケーションを進めれば、

一般に、年齢の高い人のほうが、知らない単語、表現方法が多くても内容を「理解」する能力は高いのです。

それは生きてる時間が長いから、
経験によって人の話の内容を理解する能力に長けているということです。

実はそれが仇になって、いわゆる純粋な中国語能力が劣っていても、
他の能力でカバーしつつ若い人と同等のコミュニケーション能力を維持することができるのです。

反対に若い人の方は経験ではなく純粋に先生のメッセージを単語の意味を知り、文法構造を理解した上で
「理解」に至る、という習得プロセスを繰り返すことができます。

結果、年長者は「語学」の進歩という観点で測定すれば進歩が遅くなる、ということです。

ですから、結論を急ぎますと、学習者の年齢が上がるにしたがって、教授する側は内容が「理解」されたことと
並行して、
学習者がメッセージの理解に際して、中国語の構造(特に学習者の頭の中で文法処理ができているか)に意識を向けつつ理解するようにし、かつ教師側でそれを確認できるような「しかけ」を作る必要があります。

それが実際にどのような「しかけになるかということは、それぞれの先生、教育機関の「メソッドということになります。

いずれにしても、最も大切なことは、成人教育においては、
大人の中国語4
が大切だと思うのですが、いかがでしょう。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
team aoi mk
スポンサーサイト

テーマ : 中国語学習
ジャンル : 学校・教育

Comment

Secre

プロフィール

team aoi

Author:team aoi
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
↑clickおねがいしまーす。
O(∩_∩)O~

大家好!我十分喜欢中文老师的工作,喜欢我的学生,喜欢向世界介绍美丽的中国!我相信,我的耐心和亲切可以帮助您说一口漂亮的中文!
ご質問、お問い合わせはお気軽に!→
aoi.zhongwen@gmail.com

小葵花おすすめ本

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。